シリーズでご紹介していくGB35周年記念誌制作日記の第七回目は、創業者紹介のポイントを紹介していきます。

【vol.1はこちら】

「どうしてそれをやったのか?」が大事

社史である以上、創業者紹介は必要な要素ですが、ではなにを載せれば、意義と実益が伴うのでしょうか?

GBの周年記念誌「見る社史」の目的は、わかりやすくいうと会社や社長のファンになってもらい、知名度アップと営業につなげることです。

そのため、創業者紹介ページでも、ただ単に経歴を記載するだけではだめで、また創業者の「想い」を記載するだけでも伝わりません。

ではどうするかというと、創業者がやった事実を、理念というフィルターを通して紹介することです。

例えば、当社瀬戸の例では、

「組織の規模拡大により、法人化」

ではなく、

「メンバーに社保をつけたいと思い、人数も増えてきたため法人化」

となります。

トップが行動する裏には、自身の理念があるはずです。

今回記念誌を制作した際にも、創業者紹介を制作する際、最初に行ったインタビューに加え、「どうしてそれをやったのか」を何回か追加で確認しました。

そうすることにより、書いてある内容の裏から、創業者の人物像が見えてきます。

一方通行の本という媒体であるからこそ、「行間」がにじみ出る工夫が必要になってくると思っています。

vol.8につづきます

・周年記念誌「見る社史」サンプル発送依頼はこちらから

写真は、創業前後の瀬戸龍哉の、某アイドルとのオフショット。

いかにも若手!という感じで多忙を極めていました。